育児うつにならないための予防【比較をしないことも大事】

一人で抱えないことが大切

親子

勇気を出し一歩踏み出す

命を授かり子供を育てることは大変喜ばしいことですが、慣れない育児や先が見えない不安、そして本当に自分の育て方が正しいのかなど育児に関して悩んでしまう人はかなり多いです。悩むのは当然のことですが、病んでしまうとなれば話は別でありクリニックに行って相談をするべきです。育児うつになる人は近年では珍しくはなく、クリニックに足を運ぶ人は年々増えていて気軽に相談に行って問題はありません。しかしその場合にはルールやマナーに関しても理解をしてから行くべきということは、頭に置いておくようにしましょう。育児うつの相談のクリニックに行く場合には、まず問い合わせて予約をしておくようにしましょう。いきなり行っても対応してもらえず迷惑になってしまうケースが大半なので、気をつけなくてはなりません。育児うつと一口に言っても人それぞれ症状の重さに違いはあります。待合室で他の患者さんと遭遇した時にも、無理に話しかけたり理由を聞いたりするという行為は無神経でありマナー違反です。中には症状が軽そうに見えても、重度の育児うつで通院しているという人もいるので、クリニックを利用することを決めた場合でも他の患者さんに話しかけないというのはルールの一つと言えます。子育てに関して自信があり子供も好きという人でも、いざ自分の子供となれば育児うつになってしまうというケースは珍しくありません。責任感があり自らがしっかりと子供を立派に育てなければと考えている人ほど、上手くいかないと感じてしまった時には精神的に追い込まれてしまう傾向にあります。中には既に出産や育児の経験があり、以前は問題なく子育てができていたという人でも育児うつになってしまう場合もあります。子育てはみんな行っていることであり、出来て当たり前のことだと考え自分を追い込んでしまうと育児うつになりがちなので、追い込まないことが大切であり少しくらい手を抜くべきです。ですが、手を抜くことがさらにストレスになってしまいますます育児うつに陥るケースもあるので気をつけなくてはなりません。一人ひとり症状にも違いがあるので、症例とは違うからとうつではないと決めつけないようにしましょう。育児うつかもしれないと感じた時には、一人で悩みを抱えたままにしておくのはよくありません。子供のためにもクリニックに行き、相談して自分の状態を把握するべきです。初期症状がわかりにくく周りにも理解されにくいことではありますが、一人で抱える必要はない問題でありクリニックに行く必要がある悩みと言えます。

Copyright© 2019 育児うつにならないための予防【比較をしないことも大事】 All Rights Reserved.