育児うつにならないための予防【比較をしないことも大事】

産後の乱れが原因

頭を抱える女性

多くの女性にリスクあり

今では誰しもかかるリスクのあるうつ病ですが、罹患の原因や症状は十人十色です。一般的にはうつ病として一括りにされる事が多いですが、いくつかの種類があります。医学的なエビデンスに基づいて分ける場合は2種類。抑鬱状態が続く大うつ病性障害と、抑鬱状態と躁状態が交互に現れる双極性障害です。また、医学的な病名の正式名称ではありませんが、昨今若い女性に多い育児うつも大きな問題になっています。その名の通り育児中のお母さんが罹患します。産後鬱と呼ばれる事もありますが、出産後はホルモンバランスが乱れるので罹患リスクが通常よりも非常に高くなってしまうのです。また、原因はホルモンバランスだけではありません。昼夜を問わず赤ちゃんのお世話と並行して家事をこなす主婦は心身ともに凄く疲れます。可愛い我が子に癒される日々ではありますが、人を育てると言う事には多大な責任がのしかかりますし、授乳での睡眠不足もあって慢性的に疲れてしまっているのです。ですから、育児うつは決して育児をする事にストレスを感じている人だけがなるものではありません。育児自体はとても楽しいと感じている場合も、知らず知らずのうちに蓄積された疲労や乱れたホルモンバランスによって心身に様々な症状をきたす可能性があるという事を覚えておきましょう。うつ病の専門病院は心療内科や精神科です。病院によってはメンタルクリニックなどと標榜している場合もあります。育児うつの場合も基本的にはうつ病ですから、治療内容は投薬やカウンセリングになります。そのため専門の病院は同じです。また、育児うつの治療は1回や2回などの受診では終わりません。症状の経過を見ながら薬の内容や量を変更したり治療方針を見直したりする必要があります。そのため、病院を選ぶ際は第一に診療日や時間、土地などの条件が通いやすいかどうかを考えましょう。さらに、医師との相性なども治療に影響してきます。育児うつというある種の特殊な状況である事を理解してくれる医師を主治医とするとより安心して治療が受けられます。例えば、医師が同じ出産経験のある女医であったりすると気持ち的にも頼りやすくはないでしょうか。あとは、産後でまだ授乳を行なっている場合も注意が必要です。授乳中には服用できない薬があるからです。症状によっては授乳を中止しても服用する必要のある薬が処方されるかもしれませんが、出来れば授乳は続けたままで治療をしたいと希望する女性も少なくはありません。そういった女性ならではの希望や悩みに対応できる専門医を見つける事が治癒への近道です。

Copyright© 2019 育児うつにならないための予防【比較をしないことも大事】 All Rights Reserved.