育児うつにならないための予防【比較をしないことも大事】

治療の進め方や費用

家族

完治に向けて

出産前後はホルモンバランスも崩れやすいので育児うつになることもあります。育児うつになると自分だけではなく子供にまで影響を及ぼしますから、自分で異変を感じたら速やかに然るべき機関に相談してください。治療に関しては心療内科、精神科で行えます。通院が必須になりますから、自宅から通える範囲のクリニックを受診しましょう。まずはカウンセリングを行います。カウンセリングによって現在どのような状況なのかを客観的に見直すことも出来るでしょう。そして状況によって治療の仕方が変わってきます。基本としてはカウンセリングと薬を用いた薬物療法で進められていきますが、症状や個人によって合う薬が異なりますのでまずは1週間から2週間程度様子を見ます。薬が合わない場合は別のものに変えて治療を進めていくのが一般的です。育児うつも含めた心の病の場合は保険が適応になりますので、初診の場合は大体5千円前後が相場になります。その後の治療に関しましては大体1か月で5千円から1万円が相場とされていますが、薬の種類やカウンセリングの時間によって料金がプラスになりますので、金銭的な面が心配な場合は受診する前にまずは電話や受付で確認しておくと安心かもしれません。育児うつの状態をそのままにしておくと確実に悪化します。悪化すると自分をコントロールすることが難しくなりますので、治療を行って完治するまでに長期の時間を要します。症状が軽い場合は治りやすい傾向が強いので出来るだけ早めに病院を受診することをおすすめします。育児うつの治療を行う際には心療内科や精神科に通いますが、子供を連れて受診できるかどうかを最初に確認しておきましょう。キッズルームや託児完備のクリニックもありますので、幼い子供を連れて通院する場合はそのようなサービスのある場所ですと周りの目を気にすることなく治療に取り組むことが出来るかもしれません。近年では心療内科や精神科の数も増えてきましたので、病院の環境を選ぶ選択肢も広がってきました。通院することを考えた上でクリニックを決めてください。うつ病の場合は自分の中で解決しようと考えないでください。信頼できる人に相談することも解決への第一歩です。自分の中で抱え込み過ぎるとうつの症状が悪化してしまう恐れがありますので注意が必要です。信頼できる人が周りにいない場合は信頼できるクリニックを探して自分の悩みを打ち明けましょう。人に話すだけでも心の荷が下りることもあるのです。

Copyright© 2019 育児うつにならないための予防【比較をしないことも大事】 All Rights Reserved.