育児うつにならないための予防【比較をしないことも大事】

ストレスや疲労が原因です

親子

内服薬の治療は有効です

妊娠や出産は本来おめでたい出来事ですが、赤ちゃんが産まれると、体が十分に回復をしていないうちから、授乳やおむつ替えなどの育児をしないといけないため、精神的、身体的に負担が掛かりやすいです。実家と離れて生活をしていたり、姉妹や配偶者などの協力を得るのが難しかったりする場合は、過度にストレスや疲労が溜まってしまい、育児うつを発症することもあります。育児うつに罹ると、些細なことでイライラしたり、怒りっぽくなったりする人も多いです。集中力や気力が著しく低下してしまい、スムーズに家事や育児がこなせなくなります。ネガティブ志向になり、自分はダメな母親だと責めてしまう人も少なくありません。育児うつは放置をしておくと、症状が悪化して外出が出来なくなったり、育児を放棄してしまったりすることもあります。育児うつが疑われる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診して、うつチェックを受けて下さい。睡眠不足や疲労などが原因で、育児が十分に出来ない場合は、昼間は託児所に預かってもらったり、ベビーシッターなどに子育てを手伝ってもらったりすることが大事です。育児うつは誰でも罹る可能性がある病気ですが、病気を快復させるために、抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤の服用を勧められることもあります。育児うつは、抗うつ剤や抗不安薬、睡眠導入剤などの医薬品は大変有効なので、しばらくは根気よく続けることが大事です。授乳中の人は薬を服用している間は、授乳を控える必要がありますが、お子様のためには、母親が心身共に健康である必要があるので、症状が改善するまでは内服薬を続けることが大事です。産後うつはホルモンバランスの乱れなどが、要因になっているため、産後半年ぐらいを過ぎると少しずつ回復することが多いです。育児うつは赤ちゃんの世話をしている人だけでなく、幼児の世話をしている人も多く見られます。産後うつに比べると、症状が長引く場合があるので、なるべく早く医療機関を受診することが大事です。育児が十分に出来ないと、自分を責めてしまいがちですが、ネガティブな思考を改善するために、認知行動療法などを受けるのもお勧めです。基本的には通院による治療が中心になりますが、症状が重い場合は、一時的に入院を勧められることもあります。入院治療のメリットは、就寝や起床、薬などの時間が決まっているため、規則正しい生活を送れることです。心身の不調を感じている場合は、入院治療も大変有効です。精神神経科の病院やクリニックを受診する時は、なるべく配偶者などの家族に付き添ってもらって下さい。

Copyright© 2019 育児うつにならないための予防【比較をしないことも大事】 All Rights Reserved.