育児うつにならないための予防【比較をしないことも大事】

些細なことでイライラする

カウンセリング

孤独な子育てをしている人

以前の日本では、結婚後も親と同居をしていた人が多かったので、子育てを協力してもらえたり、近所付き合いも多かったりしたので、地域の人に手伝ってもらえることも多かったです。現代は核家族化が進んでいたり、近所付き合いも希薄になってきたりしているので、孤独な子育てをしている人が多く、一人で悩みを抱えがちです。初めての出産の場合は、子育ての経験も浅いので、不安感やストレス、睡眠不足、疲労などが原因で、育児うつを発症する可能性があります。赤ちゃんの時だけでなく、幼児期の場合でも目が離せず、心身共に疲労を感じている人が多いです。育児うつを発症すると、些細なことでイライラしたり、涙もろくなったりする人もあります。脳の機能が低下するので、毎日していた家事や育児などがスムーズに出来なくなったり、物忘れをしやすくなったりします。症状が悪化すると、お子様を可愛いと感じられず、手をあげてしまうこともあります。うつ病の場合は、自分で病識があることが多いので、気になる症状が見られる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診して、カウンセリングや診察を受けることが大事です。育児うつの場合は、辛い気持ちを聞いてもらうために、カウンセリングに時間を掛けてくれる病院やクリニックがお勧めです。子育て中の女性は、気軽に外出をしたり、友人に会ったりする機会が減少するので、お子様と一日中向き合っていることが多いです。両親と離れて生活をしていたり、配偶者が子育てに協力をしない場合は、母親に負担が掛かりやすくなったりします。疲労やストレスが溜まっている状態だと、お子様にも悪い影響を与えてしまうので、昼間は託児所や保育園で預かってもらったり、ベビーシッターなどに依頼したりすることも大事です。辛い症状がなかなか改善しない場合は、専門クリニックを受診して、内服薬を処方してもらったり、カウンセリングなどで不安や悩みなどを聞いてもらったりすることが大事です。産後うつに比べると、育児うつは治療が長引くケースもありますが、適切な治療を受けることで、改善することも多いです。精神神経科の病院やクリニックでは、比較的副作用の少ない医薬品も取り扱っているので、決められた分量をきちんと守って服用することが大事です。両親や義母が近くにいる場合は、子育てを手伝ってもらうことで、負担を減らすことが出来ます。真面目で責任感の強い人は、育児うつに罹りやすい傾向がありますが、お子様の成長には個人差があるので、あまり比較をしないことも大事です。精神神経科の病院やクリニックは、育児中の女性が通いやすい環境が整っています。

親子

一人で抱えないことが大切

子育てを行う中では育児うつに陥ってしまうことも珍しいことではありません。責任感があったり理想とする育児があるほど、イメージ通りにならないと病んでしまいがちです。育児うつかもしれないと感じたら、クリニックに行くようにしましょう。

頭を抱える女性

産後の乱れが原因

うつには様々な原因や症状があります。出産後の女性が陥りやすい育児うつもその一つです。病院を受診する時は、可能であれば同じように出産経験のある女医、授乳婦への投薬に詳しい医師などを見つけると良いでしょう。

親子

ストレスや疲労が原因です

お子様が産まれると精神的、肉体的に疲労を感じることが多いですし、体が十分に回復をしていないうちから、授乳やおむつ替えなどの世話をする必要があります。過度なストレスや疲労が溜まってしまうと、育児うつを発症しやすくなります。

家族

治療の進め方や費用

ホルモンバランスや環境の変化などによって育児うつを発症することもありますので、育児に行き詰って精神的に追い詰められている場合は注意が必要です。異変を感じたら早めの段階で病院を受診しましょう。治療を行えばうつ症状も緩和されていきます。

Copyright© 2019 育児うつにならないための予防【比較をしないことも大事】 All Rights Reserved.